読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はーとぼいるどワンダフル。

映画、テレビ、マンガなどなど。たまに広告のことも。

劇場版まどマギが全く面白くないことについて

『劇場版魔法少女まどか☆マギカ』が全く面白くない。総集編と聞いていたけど、ほんとにただの総集編である。アニメ放送をそのまま切って貼ったような。。こんな映画を作って一体何の意味があるのか??


これが普通のアニメの劇場版なら別にどうってことないし、おれも何の文句もない。
だけど、『まどマギ』という作品に限っては、「総集編で前後編に分けてやれば儲かるでしょ〜」という代理店的発想は許されない!

なぜなら『まどマギ』の何が凄かったかって・・・視聴者の予想を超えていったところでしょ!?


まずは魔法少女ものというジャンル、絵柄は見せかけで殺し合い、ダークファンタジーをやったこと

そして他のアニメ、映画、その他のあらゆるジャンルと比べても、遥かに上をいく完璧なまでのプロット

きゅうべえという魔法少女もののお約束を破る存在



こうやって列挙するとキリがないんだけど、とにかく『まどマギ』の何に感動して何が優れていたのかと考えた時、それは「ありとあらゆる方法で視聴者を裏切っていったてこと」これに尽きるはずなんだ。

だから、こういう何の驚きもない劇場版をやってしまったことは、まどマギという作品、現象のスピリットに反しているとしか思えないわけよ、おれは。

つまり、やるべきことは総集編と言いつつ、ストーリーやら演出やらある程度の改変を加えること。これが
『劇場版まどマギ』に求められていることだったと思うのです!

新房さん、こんなもの作ってたらファンが離れちゃいますよ。

【関連記事】
【アニメ】岡田斗司夫が指摘する「魔法少女まどか☆マギカ」の矛盾。 - はーとぼいるどワンダフル。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村



広告を非表示にする