読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はーとぼいるどワンダフル。

映画、テレビ、マンガなどなど。たまに広告のことも。

アニメ『惡の華』がダメな理由

アニメ 考察 マンガ

 アニメ版『惡の華』を見たが、はっきり言ってこういうのは嫌いだ。何が嫌いって、そのロトスコープとかいうやつ?実際の人間に演じさせてそれをトレースするとかいうね、もう何だよ?wそれ。

 監督のインタビューとか見ても、イライライライラしてくるので、このアニメのダメなところを列挙していこうと思う。

 

めちゃくちゃなリアリティーライン

仲村さん

f:id:FC0373:20130416002503j:plain


この絵柄で「クソムシ」なんてセリフを言うから面白いのであって

f:id:FC0373:20130416002347j:plain

 この絵柄では「クソムシ」なんて言わせてはいけない。大体、作品にはありえないムチャなセリフや展開ここまではオッケーというリアリティーラインというものが決まっているのだ。

ロトスコープとかいう手法でリアリティーを追求したアニメ版の方で、「クソムシ」なんてセリフは合わない。「くそったれ」とか「クソ野郎」でいいのだ。 

キャラがぜんぜん立ってない

 さっき挙がった「太陽を盗んだ男」とか、マンガなら安達哲さんの「さくらの唄(※2)」とか、そういう胸をえぐるような作品の系譜ってあるじゃないですか。それらはあるひとつの精神というか、ひとつの話がいろんな作品の形をとって現実に表れたような気がしているんですね。その末席に僕の「惡の華」も入れてもらえたらいいなって、そんな風に思っています。

 原作者が言ってるとおり、これは自意識過剰系、青春もやもやものといった作品の系譜にある。『タクシードライバー』、『ライ麦畑で捕まえて』、『フラニーとゾーイー』などなど、これらの登場人物はみんな自意識過剰で変人なわけで、共感しにくい。だからこそ、それを乗り越える共感のフックが必要となるのだ。


『タクシードライバー』のトラヴィスなんて圧倒的な狂気を感じるキャラだが、ナンパした女の子をポルノ映画に連れて行くなんていうくっそバカな一面がある。観客はそこで、なんだ、こいつアホじゃんとキャラを身近に感じるのである。

 で、『惡の華』の共感のフックはどう考えても、体操服を盗む等の一連のレベルの低い変態行為とその絵柄だろう。

f:id:FC0373:20130417230307j:plain



 

このキャラの可愛さが絶対に必要なのだ

この可愛さで自意識過剰系、青春もやもやといった閉じた作品が、サブカルだけでなく多くの人に開いたものになる。


 その結果、この展開でショックを受けるのだ。

f:id:FC0373:20130416003420g:plain


 

傷は残せない、ただ嫌われるだけ

長濱 オープニングの音楽から1話のストーリーの構成から、「なんじゃこりゃ」ってなるように作ってますから、恐らくたくさんの人をふるいにかけることになると思うんです。「気持ち悪いからもう見ない」「こういうの大嫌い」って人も出てくるでしょう。

 
 このアニメの監督さん、とにかく視聴者に傷を残したいとか言ってっけど、


「気持ち悪いからもう見ない」

じゃあ傷は残せないよね??

それはただ作品が嫌われただけだろ。結局、ロトスコープに興味のあるマニアしか残らない。

 

  上記のように、マンガはキャラを可愛く描くことで気持ち悪いからもう見ないをクリアしている。そして、読み進めていかせることで、自意識過剰系、青春もやもやの系譜のショックを与えることができると思う。

いきなり嫌われちゃ、誰にもショックは与えられないよ!?

 

で、提案なんだけど

 

ボードレール澁澤龍彦なんて好きじゃなかったんだ!!からっぽな自分が嫌なだけだったんだ!
私もクソムシと変わらない、だけど私は変われない、どこにいっても私は消えてくれないから、そのバットで私の脳みそをぐちゃぐちゃにして、
 

 という春日、仲村さんの気づきの展開に加えて

 

 俺もそのへんのアニメーターと変わらない。ロトスコープだの何だの!からっぽな自分が嫌なだけだったんだ!そのバットで俺の脳みそをぐちゃぐちゃにして!
 

 と監督を登場させて、バットでばーーーん!!でロトスコープがセル画に切り替わるっていうので終わらせたらどうでしょう?この作品のテーマ的にもかなり正しいオチの付け方だと思うのだけどww

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

広告を非表示にする