はーとぼいるどワンダフル。

映画、お笑い、マンガなどなど。たまに広告のことも。

鈴木敏夫が語る宮崎駿と高畑勲の奇妙な関係

 ジブリプロデューサーの鈴木敏夫は、宮崎駿にとっての仮想敵は、ずっと高畑勲であったという。鈴木は宮崎と毎日会話していて、半分は高畑勲の話題であったそうだ。高畑勲がつくるから、自分もやるし、高畑勲にまだつくってもらいたい、そんな想いが宮崎にはある。高畑に片思いし、そして、ライバルでもあり、親友でもあり、倒すべき存在でもある。そんな二人の関係を鈴木敏夫の著書「天才の思考 高畑勲と宮崎駿」をもとにまとめてみた。
f:id:FC0373:20210825195105j:plain

宮崎駿と高畑勲の奇妙なエピソード

「風の谷のナウシカ」高畑勲がプロデューサーを引き受けてくれず、宮崎駿、号泣。

 漫画で連載していた「風の谷のナウシカ」の映画化にあたって、宮崎駿が鈴木敏夫に出した条件が、高畑勲をプロデューサーにすることだった。鈴木は、高畑に依頼するが、引き受けてくれず。挙げ句の果てに、高畑は、大学ノートにプロデューサーとは何かを資料としてびっちりとまとめ、その最後に、だから私はプロデューサーに向いていないと締めくくっていたそうだ(笑)
 鈴木は根負けし、宮崎駿に交渉失敗したことを告げると、急に飲みに誘われたという。宮崎は、日本酒を一気に空け、俺は高畑勲に青春を捧げたのに何も返してもらっていない、と話し号泣した。そんな宮崎の姿を見ていたたまれなくなった鈴木は、高畑を怒鳴りつけ、結果プロデューサーを引き受けてもらったそうだ(笑)

「風の谷のナウシカ」解説本での高畑勲の評価は30点。宮崎駿は鈴木を怒鳴りつける。

「風の谷のナウシカ」の用語・解説集やインタビューのロマンアルバムで高畑は、本作を30点と評価した。

プロデューサーとしては万々歳なんです。ただ、宮さんの友人としての僕自身の評価は、30点なんです。宮さんの実力からいえば30点。もちろん原作を映画にするという点では、まったく申し分なかったんですが、この映画化をきっかけに宮さんが新しい地点にすすむだろうという期待感からすれば、30点ということなんです。

宮崎はある日、高畑の発言を読んだようで、鈴木をよびつけ怒鳴り上げたそうだ。

その本を目の前にしてね、いきなり「なんだ、この本は?」と。「おまえが作ったんだろ?」と。「こんなくだらない本、なんで作ったんだ?」って言うわけですよ。で、理由を言わないんですよ。でも、ぼくは分かってますからね。ああ、“アレ”だな、と思って。

そしたらですね、生涯忘れないですけども、その本を手に取ったんですよ、両手に持って、本をふたつに引きちぎったんです。「すごい力だ!」ってそこで感心するんですよ! だって、あれ出来ないですよ、ぼくあとでやってみたけれど。

「 となりのトトロ・火垂るの墓」同時上映。高畑へのライバル心だけで、となりのトトロの上映時間は延びた。

 同時上映となった宮崎駿監督作「となりのトトロ」と高畑勲監督作「火垂るの墓」の制作現場でも二人の争いが繰り広げられたそうだ。「火垂るの墓」が当初の上映時間60分の予定から80分程度に延びるということを聞きつけた宮崎は、対抗心でトトロも無理やり延ばすことに(笑)当初、女の子一人とトトロの交流の物語の予定だったが、サツキとメイという二人の姉妹の話になった。 
 宮崎は、火垂るの墓の制作現場が気になり、自分で調べて制作の進行具合を正確に掴んでいたという。自宅でも奥さんに「火垂るの墓」の話ばかりし、「あなたは会社で一体なにをつくっているの?」と怒られる始末。
 「火垂るの墓」の制作が遅れぎみだったために宮崎は、火垂るの墓クーデター計画書なるものをわざわずつくったそうだ。なんでもどんな作画、動画にすれば公開に間に合うという技術的なことが書き連ねられていたという。それを鈴木に渡し、これを高畑さんと話してとおせっかいをしてきたのだとか。

「おもひでぽろぽろ」なかなか監督を引き受けない高畑に宮崎またしても激怒

 「火垂るの墓」で未完成のまま映画を公開してしまった高畑には、映画界から新作のオファーが来なかったそうだ。そんな高畑を心配した宮崎は、「おもひでぽろぽろ」の監督を高畑に、自身がプロデューサーにつくことを考案したそうだ。宮崎駿がプロデューサーにつけば出資も受けられる。鈴木が高畑のもとへ監督のオファーへ行くと、案のじょう、なぜ自分が監督をすべきかということを延々と議論されたようだ。監督を引き受けないまま半年が経ち、宮崎駿も高畑との打合に同行することに。宮崎は、様々なアイデアを高畑へぶつけたが、高畑は次々と否定していったそうだ。宮崎は怒りを爆発させ、

いい加減にしろ!パクさんはひとつもアイデアを出さないで、人が出した企画を壊すだけじゃないか。やる気がないなら、ないと言ってくれ!(仕事道楽スタジオジブリの現場より)

宮崎のあまりの剣幕に高畑もやがて納得し監督を引き受けることに。制作が始まるが、高畑の異様なこだわりにまたしても制作は遅れぎみとなった。宮崎は、会議室に高畑含めメインスタッフを集め、怒鳴り上げたという。

絵の描き方を変えろ!こんなことをやっていては、いつまでたっても終わらないぞ!(仕事道楽スタジオジブリの現場より)

高畑はうなだれ、「はい」といったらしいが、会議の後、スタッフへ描き方は変えなくていいからね、と話してまわったそうだ(笑)

「平成狸合戦ぽんぽこ」 急に製作中止を訴える宮崎駿

「紅の豚」を制作中の宮崎駿がある日、鈴木敏夫にこう言い出した。

俺が豚をやったんだから、高畑さんには狸をやってもらおう!(「天才の思考 高畑勲と宮崎駿」より)

なんとも、むちゃくちゃな企画の始まりだが、高畑は、以前から日本固有の動物である狸にまつわる話を誰かが映画化すべきだと話していたらしい。鈴木は、ある日、高畑のもとを訪ね、宮崎の言葉をそのまま伝えたという。

高畑さん、また宮さんが無茶を言い出しました。「俺が自分を主人公にして豚を作ってるんだから、高畑さんは狸だ」って言うんです。

「いったい何を考えているんですか!」と怒られました。(「天才の思考 高畑勲と宮崎駿」より)

鈴木は、狸をテーマとした「腹鼓記」を書いた井上ひさしを高畑との打合の場に呼んだりし、高畑が興味を持つように様々な手をこらした結果、高畑はある日、自然をテーマとする企画で進めたいと言い出し、無事に映画の制作が始まったそうだ。
 ある日、ぽんぽこのシナリオができたことを聞きつけた宮崎は、鈴木のもとを訪ね、こう話したという。

宮崎:シナリオできたんでしょ、鈴木さん
鈴木:ええ、おかげさまで、何とかできあがりました
宮崎:多摩ニュータウンが舞台なんだって?
鈴木:そうなんですよ。おもしろくなりそうです。
次の一言に、僕は一瞬凍りつきました。
宮崎:制作中止にしよう
(「天才の思考 高畑勲と宮崎駿」より)

宮崎は、自分はいつも作品を1年で仕上げるのに、2年かける高畑を許せないと言い出したらしい。これじゃ、自分はジブリの傍流で、高畑さんが本流なのかと主張したという(笑)
翌日は、制作中止にしないのなら、俺がジブリを辞めると言い出す始末。そんなやりとりが一ヶ月ほど続いた仲、宮崎は体調を壊し倒れた。宮崎は、「紅の豚」の制作のストレスが相当たまっていたようだ。
鈴木は、ある日、一か八か会社を休んだという。その日に宮崎は直接、高畑と話し、わだかまりは解決したという。

宮崎駿が語る高畑勲との出会いと凄さ

 そんな、どたばたを繰り返した宮崎駿と高畑勲。宮崎は、高畑勲のお別れの会での弔事で、高畑との出会い、自身が若い頃に打ちのめされたという高畑演出の凄さを語っている。

あの時のパクさんの顔を、今もありありと思い出せる

1963年、パクさんが27歳、僕が22歳の時、僕らは初めて出会いました。その初めて言葉を交わした日のことを、今でもよく覚えています。黄昏時のバス停で、僕は練馬行きのバスを待っていた。雨上がりの水たまりの残る通りを、一人の青年が近づいてきた。「瀬川拓男さんのところに行くそうですね」 穏やかで賢そうな青年の顔が目の前にあった。それが高畑勲ことパクさんに出会った瞬間だった。55年前のことなのに、なんてはっきり覚えているのだろう。あの時のパクさんの顔を、今もありありと思い出せる。(シネマトゥデイ 宮崎駿、盟友・高畑勲さんに涙の言葉<開会の辞より>)

パクさんの教養は圧倒的だった

次にパクさんに出会ったのは、東映動画労働組合の役員に押し出されてしまった時だった。パクさんは副委員長、僕は書記長にされてしまっていた。緊張で吐き気に苦しむような日々が始まった。それでも、組合事務所のプレハブ小屋に泊り込んで、僕はパクさんと夢中で語り明かした、ありとあらゆることを。中でも、作品について。僕らは仕事に満足していなかった。もっと遠くへ、もっと深く、誇りを持てる仕事をしたかった。何を作ればいいのか(泣き声で『すいません』)、どうやって。パクさんの教養は圧倒的だった。僕は得難い人に巡り会えたのだと、うれしかった。(シネマトゥデイ 宮崎駿、盟友・高畑勲さんに涙の言葉<開会の辞より)

何という圧倒的な表現だろう

 高畑勲の初監督作「太陽の王子 ホルスの大冒険」のスタッフとして関わった宮崎駿は、初号試写を見た時に、高畑の演出意図を理解して、動けなくなるほど打ちのめされたと語っている。

初号を見終えた時、僕は動けなかった。感動ではなく、驚愕に叩きのめされていた。会社の圧力で、迷いの森のシーンは「削れ」「削らない」の騒ぎになっているのを知っていた。パクさんは、粘り強く会社側と交渉して、ついにカット数から、カットごとの作画枚数まで約束し、必要制作日数まで約束せざるを得なくなっていた。当然のごとく、約束ははみ出し、その度にパクさんは始末書を書いた。一体パクさんは、何枚の始末書を書いたんだろう?ー中略ー初号で僕は、初めて迷いの森のヒロイン、ヒルダのシーンを見た。作画は大先輩の森康二さんだった。何という圧倒的な表現だったろう。何という強い絵。何という優しさだったろう。これをパクさんは表現したかったのだと、初めてわかった。パクさんは、仕事を成し遂げていた。(原画の)森康二さんも、かつてない仕事を仕遂げていた。大塚さんと僕は、それを支えたのだった。(シネマトゥデイ 宮崎駿、盟友・高畑勲さんに涙の言葉<開会の辞より)

高畑勲が語る宮崎駿の凄さ

そんな、宮崎駿の講演やインタビューをまとめた「出発点―1979~1996」の中で、高畑勲は宮崎駿の作品についてこう評している。

「風の谷のナウシカ」が当たった理由

宮さんが意識していたかどうかはわかりませんが、おそらくまったく無意識だったと思うけれど、この映画が最近大ヒットした映画の傾向に、偶然にも合致したところがあると思ったんです。 最近では、「宗教」や「哲学」がかったものが作品の根底におかれていて、「愛」や「友情」を描くにしても、そうした宗教的なものや哲学的なものの照らし返しが必要だと考えられるようになってきたのじゃないか。『ナウシカ』にもたしかに、こういう要素があります。また、観客の側には「いままで見たこともないものを見たい」という欲求が強くなってきている。単なる異世界物というのではなく、「見たこともないもの」を見せるという点では、こんなに豊富な作品はないでしょう。 それが、実際の画面では、密度と説得力をもって展開される。テンポもあきているひまがないほど。これだけあたる条件を満たしていれば、大げさにいって、こういう映画があたらなくてどんな映画があたるのか、と言いたいくらいなんですよ。(「出発点―1979~1996」より)

 

宮崎駿作品のキャラクターについて

彼の人物の持つおそるべき現実感は、対象の冷静な観察によって生まれるのではない。たとえ彼の鋭い観察結果が織り込まれるとしても、彼がその人物に乗り移り、融即合体する際の高揚したエロスの火花によって理想が血肉化されるのだ。 彼はだから、ドラマの役割として設定した人物に次々と思い入れしていき、その人物なりの魅力や悩みや言い分を与え、悪玉さえいつのまにか悪玉でなくしてしまいがちである。複雑な厚みのある、あるいは面白く人間味のある人物像を創造するということでは、優れた作家に共通する傾向かもしれないが、宮さんの場合、自分が生み出し、長い制作期間付き合っていかねばならない人物を、思い入れもなしに突き放して描くのは耐えられないということもあるのではなかろうか。(「出発点―1979~1996」より)

「となりのトトロ」は傑作である。

宮崎駿のもたらした最大の恩恵はトトロだとわたしは思う。トトロは普通のアイドルキャラクターではない。彼は所沢だけでなく、日本全国の身近な森や林にくまなくトトロを住まわせたのだ。トトロは全国のこどもたちの心に住みつき、こどもたちは木々を見ればトトロがひそんでいることを感ずる。こんな素晴らしいことはめったにない。(「出発点―1979~1996」より)

そんな、お互いを認め合う宮崎駿と高畑勲だが、演出手法の決定的な違いは、お互いに批判し合う部分もある。詳しくはこちらの記事から
fc0373.hatenablog.com

宮崎駿と高畑勲の全エピソードは、鈴木敏夫のこちらの著書にすべて描かれています。

高畑勲の常人では考えられない異常なこだわりがわかるエピソードまとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
 高畑勲が「火垂るの墓」で本当に描きたかったことはこちら
fc0373.hatenablog.com
 「ハウルの動く城」監督を降板となった細田守とジブリの愛憎相半ばする関係はこちら
fc0373.hatenablog.com
 宮崎駿の圧倒的な名言まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
鈴木敏夫と宮崎駿のあつい関係はこちらから
fc0373.hatenablog.com
名プロデューサー鈴木敏夫の圧倒的な名言まとめはこちらから
fc0373.hatenablog.com
宮崎駿関連記事まとめはこちらから
fc0373.hatenablog.com
宮崎駿と手塚治虫の知られざる関係はこちらから
fc0373.hatenablog.com
fc0373.hatenablog.com
fc0373.hatenablog.com
fc0373.hatenablog.com