はーとぼいるどワンダフル。

映画、お笑い、マンガなどなど。たまに広告のことも。

岡田斗司夫と庵野秀明の知られざる関係

 オタキングで元ガイナックス社長の岡田斗司夫と、エヴァンゲリオンシリーズで知られる庵野秀明が絶縁状態にあるとは、本当だろうか?自身のYOUTUBEチャンネルで、エヴァシリーズの批評を行うなど、いつまでも庵野を利用していると言われる岡田斗司夫だが、最近の庵野秀明の発言を聞くと、やはりアマチュア時代に、わけがわからないまま一緒にやってきた同志としての想いがあるようにも思える。そんな2人の関係性についてまとめてみる。

二人の出会い

 岡田斗司夫が大阪電気通信大学で、日本SF大会(DAICON3)の運営をしていた頃、庵野秀明は大阪芸術大学で、SF研究会に所属し、アニメづくりを自分たちなりに取り組んでいた。
 岡田ら運営は、庵野というアマチュアなのに凄い男がいるという噂を聞きつけ、庵野たちをDAICON3のオープニングアニメーションの制作に誘うことを決める。

f:id:FC0373:20210815091219j:plain
「アオイホノオ」庵野秀明勧誘シーン 

 岡田は、当時の庵野秀明の異様な様子をこう語っている。

最初の面接に僕は行かなかったんですけども、京都の喫茶店で面接した人に後で話を聞いたら、衝撃的だったようです。打ち合わせの最中に庵野秀明は、ダイエーの計算用紙の端っこに、複雑なロボットの絵をさーっと描き始め、あっという間に四、五枚描いたと思ったら、ぱらぱら見せると動いて見えたと言うんです。 このロボット、正確に言うと『宇宙の戦士』というアメリカの人気SF小説に登場するロボット型宇宙服の「パワードスーツ」は、ものすごく線が多く、複雑な形をしています。 そっくりに描くだけでも大変なのに、動かしてみせた。 小説の挿絵でしか見たことがないパワードスーツをアニメにできるやつがいる!これは使うしかない!(岡田斗司夫「遺言」より)

 そんな経緯で、庵野は、岡田らとともにDAICON3のオープニングアニメーションの制作を務めることになる。
 岡田斗司夫と庵野秀明の出会い、その後のガイナックス立ち上げまで、全てこの岡田の著書で詳細が語られています。下巻は読まなくていいかも。

f:id:FC0373:20210815100750p:plain
DAICON4オープニングアニメーション

「シン・エヴァ」スタッフが岡田斗司夫を名指しで批判!?

 岡田斗司夫がエヴァの批評をYOUTUBEなど自身のメディアで、繰り返すことに、シン・エヴァのスタッフが名指しで批判したというニュースがあった。一部、記事を引用してみる。

コトの発端は、6月8日に『株式会社カラー』のYouTubeチャンネルにアップロードされた1本の動画。動画はラジオのような内容で、6月12日以降の「シン・エヴァ」情報に触れていくものだった。そこで、『エヴァ』シリーズの宣伝や音楽制作に携わっているスタッフが、「ネット上に出回っている解説動画に課金するのをやめてほしい」という旨を訴える一幕が。さらに「岡田斗司夫さんでしたっけ?のゼミって一体何なんですかね?」と、岡田について名指しで批判した。

引用元
myjitsu.jp
 こんな放送があったらしいが、すぐに動画は削除された。当の庵野秀明本人が出演しているわけではない。外野がただ騒いでいるだけなのだろう。元ガイナックスの社長だろうが、いつまでも俺たちのエヴァを利用するなと言いたげな放送だったようだ。
 そんな外野の声もありながら、結局、庵野秀明は公の場で、学生時代に岡田斗司夫や他の仲間に出会ったことで、作品を創れるようになったと公の場で語っているので、この騒動は特に岡田斗司夫、庵野秀明、二人の関係性を表すものではないと断言できる。

庵野秀明が、岡田斗司夫ら当時の仲間について感謝する言葉

 第27回東京国際映画祭の目玉企画として注目を集めた「庵野秀明の世界」でのトークショーにて、庵野が学生時代の作品を解説する中で、岡田斗司夫ら当時の仲間へ感謝の想いの言葉が下記である。

DAICON3への参加について

庵野「そうですね。山賀と赤井に出会ったのは『バス停にて…』からなんですけど、岡田さん、武田(康廣)さん、澤村(武伺)さんに出会ったのは『パワードスーツ!』からです。じつは、僕はDAICONに関わるのは面倒くさそうだったので、やめようと思っていたんです。でも山賀が強引に『いや、これは絶対やるべきだ!』と言う(笑)。山賀に引きずられる形で参加しました。『パワードスーツ!装甲強化服』を描いてからなんとかなるかなと。それが、DAICON3のオープングアニメにつながりました」(ムービーウォーカーより)

岡田らと制作した「帰ってきたウルトラマン」について

 DAICON4で、脚本 岡田斗司夫、総監督 庵野秀明、出演 庵野秀明で制作した「帰ってきたウルトラマン」。これは、庵野自身が顔を出してウルトラマンを演じたいという想いからつくられた作品。
f:id:FC0373:20210815101818j:plain>

f:id:FC0373:20210815101834j:plain
ウルトラマンを演じている庵野秀明

 ウルトラマンのスーツを着ながら、顔は出したままという(笑)ギャグにならないように、ギリギリのラインを保つために、岡田らがSF設定をこらすことや、ウルトラマン登場までのリアリティのあるシーンの積み重ねをすることを緻密に進めたのだという。
 庵野は、当時の岡田ら仲間への感謝の想いをこう語っている、

庵野「集大成というか、原点ですよね。何も変わってないですよ。『エヴァンゲリオン』とやってることは一緒です(笑)。『帰ってきたウルトラマン』の原案は岡田(斗司夫)さんなので、やっぱり岡田さんの知識が役に立ってます。今回、通して見て思ったのは、自分ひとりでは全然ダメだったんだなと。ひとりでやってるときと、友達や仲間ができて複数人でやりはじめてからは格段に違っています。僕は人と一緒にやった方が、いろいろな人と仕事をした方が、おもしろいものになるんだなと改めて実感しました」(ムービーウォーカーより)

 岡田斗司夫や庵野秀明、山賀博之など、大学時代のエピソードから、GAINAX時代まで、すべてこの著書にまとめられています。

 庵野秀明目線で、岡田斗司夫らガイナックス立ち上げメンバーを語っている著書はこちら

庵野秀明のウルトラマン愛とシン・ウルトラマンで描いたものはこちら
fc0373.hatenablog.com


岡田斗司夫がガイナックスを設立し、クーデターを起こされるまでのエピソードはこちら
fc0373.hatenablog.com
天才、庵野秀明の凄さを関係者が語ったエピソードまとめはこちらから
fc0373.hatenablog.com
そんな岡田斗司夫と宮崎駿の知られざる関係についてはこちら
fc0373.hatenablog.com
本当は100倍怖い「火垂るの墓」完全解説はこちら
fc0373.hatenablog.com
宮崎駿と高畑勲の異常な関係性はこちら
fc0373.hatenablog.com
エヴァンゲリオンに影響を与えた作品まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
北野武と宮崎駿、庵野秀明の舌戦まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
風立ちぬの主人公声優が庵野秀明でなけらばならなかった理由はこちら
fc0373.hatenablog.com