はーとぼいるどワンダフル。

映画、テレビ、マンガなどなど。たまに広告のことも。

なぜキカナイトFは面白くないのか  笑いは、「面白さ」じゃなくて、「強さ」論

関東芸人と聞くと誰を思い浮かべるだろうか?

僕は断然『とんねるず』であり、同時に『みなさんのおかげでした』という番組を思い浮かべる。『みなさん』はマッコイ斉藤が演出を手がけるようになってから突然面白くなった。おぎやはぎ、バナナマン、有吉と関東芸人をほぼレギュラーとして使い、明らかにピークの過ぎたとんねるずを逆に引っ張っている印象を受ける。確かに今の『みなさん』は面白い。



しかし『キカナイトF』は全く面白くない。
同じく関東芸人である、さまぁ〜ずおぎやはぎ、有吉、バナナマン、ザキヤマの番組である。今、脂がのった中堅芸人をこれでもかと厳選し集めたメンバーであり、互いの信頼関係も深いはずなのに面白くない。

どうもこの番組に今の関東芸人、ひいては芸人馴れ合いバラエティの問題点があるのではないだろうか。

かつて、水道橋博士はこう言った。

笑いっていうのは、「面白さ」じゃなくて、「強さ」なんだよ、っていうのはテレビの世界には絶対的なルールなんだけど、あまり語られないんですよ

つまり、たけしが出ていたら笑わなければならない。

現在のバラエティで、このような強さを持ったタレントが何人いるだろうか?絶対的な笑いの王としてのダウンタウン、関東のスターであり続けようとするとんねるず、もちろんBIG3もこれに入る。


このように考えた時『キカナイトF』には強さを持った王がいないのである。
年齢的にも実績的にもさまぁ〜ずは少なくとも『キカナイトF』内においては絶対的な王として君臨しなければならない。でなければ、吉本芸人を集めてなれ合って内輪の話をしている嫌な番組と同じになってしまう。しかし、さまぁ〜ずはその役割ができない芸人の代表格だろう。彼らは強さとは無縁で、その独特のユルさを最大の武器としている。


さまぁ〜ずがその役を担えないのだから、もうこの番組はだめだろう。


お笑い&ジョーク ブログランキングへ


にほんブログ村 お笑いブログ お笑いの豆知識へ
にほんブログ村