はーとぼいるどワンダフル。

YouTubeを中心としたインフルエンサー・起業家・学者の発言などのまとめサイト

Jリーグ30年のMVP遠藤保仁の凄さ ・評価まとめ


Jリーグ30年のMVP遠藤保仁とは何が凄いのか?を知りたい人
日本代表最多出場、Jリーグ30年間の最優秀選手に選ばれた遠藤保仁とは具体的には一体何が凄いの?

こういった疑問に答えます。

✅本記事のテーマ
Jリーグ30年のMVP遠藤保仁の凄さ ・評価まとめ


✅記事の信頼性
サッカーファン歴20年の僕が、遠藤保仁の凄さに関する書籍・動画・インタビューなどを徹底的に調べて、その凄さについてまとめています。

それでは、さっそく見ていきましょう

遠藤保仁の凄さがわかる実績

Jリーグ30年間のMVP選手

リーグのベストイレブンには歴代最多の12回選出、J1最多672試合に出場し、遠藤はまさにリーグの顔。

そんな功績を称え、2023年5月遠藤はJリーグ30年の歴史の中で最優秀MVP選手に選ばれました。



長距離走を走れば敵無しだったが、目立ちたくないのであまり走らなかった

遠藤は鹿児島実業高等学校時代より、長距離走は敵無しだったそう。

だが、遠藤はあまり目立ちたくないという理由で長距離走の大会も3位~4位でゴールしたのだとか。

遠藤を鹿児島実業時代に指導した松沢隆司総監督(故人)はこう語っている。

松沢:長距離走を走れば本当は敵なし。だけど、制限タイムさえ守ればいいと、いつも3、4番手でゴールした。(2024/1/16 読売新聞)

その後、日本代表で「走るサッカー」を標榜するイビチャ・オシムの指導の元、

遠藤はやっと本気を出し、チーム1位の走行距離を記録した。



遠藤保仁の凄さを語る声(国内編)

西野朗(元ガンバ大阪監督)

ボールと自分と敵とゴールと味方の位置感覚がコンピュータ級

西野:ボールと自分と敵とゴールと味方の位置感覚っていうのが、コンピューターみたいに(笑)あいつにみんな寄せるんだけど、寄せてきたらパンって簡単にパスして。すすって動いて、余裕のあるところでボール受けてシュートなり、パスなりって。(2023/7/5城彰二のYouTubeチャンネル)

西野が語る遠藤保仁の凄さはこちらの動画15:35頃から
【遠藤保仁の凄さ/川口能活という男】記憶に残るJリーガーを語る! - YouTube

鈴木啓太(元日本代表MF)

時間を自由自在に操る

鈴木:パスのタイミングがわかっていてもとれない。ワンテンポ遅いというか、プレースタイル自体ゆっくりなのはタイミングを図っているんだと思う。早くプレーしようと思ったらできるって本人も言ってたし。時間を合わせられる選手。だからあれだけスルーパスが通ったり。ゆっくり動いているようなんだけど試合を組み立てられる。(2021/8/27鈴木啓太のYouTubeチャンネル)

運動量も多く、ポジショニングが絶妙

鈴木:どこにポジションとればいいかよくわかってる選手。ヤットってあんまり走ってない印象あるけど、ポジション修正のために結構走ってる。(2021/8/27鈴木啓太のYouTubeチャンネル)

鈴木啓太が語る遠藤保仁の凄さはこちらの動画から
【異次元】遠藤保仁のパスセンスの秘密を語る - YouTube

レオザフットボール(サッカー指導者・解説者)

味方と相手の矢印両方見れる瞬間視の能力の持ち主

レオザ:味方と相手の矢印両方見れる選手。ディフェンスの足が届きそうで届かないところに出せるのは、矢印を把握して、裏をとるような味方のビジョン見えてるから。教えようとしてできることじゃないから。瞬間視の能力みたいなので。(レオザフットボールのYouTubeチャンネル)

レオザフットボールが語る遠藤保仁の凄さはこちらの動画から
【レオザ】遠藤保仁選手のどこが凄いの?ヤットさんの凄さをレオザが言語化!【切り抜き】 - YouTube

セルジオ越後(サッカー指導者・解説者)

本田圭佑ですら遠慮するステータスとオーラのある選手

セルジオ:印象に残っているのは南アフリカW杯のフリーキック。何が凄いって、あの本田圭佑も遠藤に遠慮してたからね。ステータスとオーラがある選手。そういうのを自然に持っている。(2021/10/29セルジオ越後のYouTubeチャンネル)

宮本恒靖(元日本代表)

ベースにある技術力の高さを生かしながら変化し続けた

宮本:色んな指導者とか、色んなチームで、新たなものを身につけ、自分を磨いた結果だと思う。例えば、昔はそんなに走らなかったけど、オシムさんと出会って走るようになったりとかね。ベースにある技術力の高さを生かしながら変化を遂げて、ここまでずっとやってきた。ピッチ外についても、昔は練習のギリギリに来ていたけど、年齢を重ねるごとに、必要なものを取り入れてケアもしている。<<(2020/10/5Number web)

安田理大(元G大阪など)

ボールを持ったらまずはヤットに預けろ

安田:いつも優しくて、心の拠り所。当時(のガンバ大阪で)西野監督には『ボールを持ったらまずはヤットに預けろ』と言われていました。どんなパスも簡単にコントロールするし、なんでもできます。こんな上手い選手は他にいません。(2023/5/16 サッカーダイジェスト)

橋本英郎(元G大阪など)

困った時に絶妙なサポートをしてくれる

橋本:先読みして走っている。ちゃんと見えるところに顔を出してくれて、パスの出し手としては凄い助かります。困った時に絶妙なサポートをしてくれるんですよね。守る時もひとりでボールを奪うことが全てじゃないよということも教わったし、僕は彼によってプロのキャリアが伸びたと思っています。同い年ですが、色々と学ばせてもらいました。(2023/5/16 サッカーダイジェスト)

石川直宏(元FC東京など)

全然焦らないんですよ。プレッシャーをかけても、叩かれる、動かれる。

石川:チーム全体、試合の流れをコントロールできる。ポジショニングや止めて蹴るの技術など、当たり前のことを当たり前にやりますね。常に冷静で、この人をどう焦らせたらいいんだろう、と思っていました。でも、全然焦らないんですよ。プレッシャーをかけても、叩かれる、動かれる。こっちは100パーセントで行っているのに、20か30パーセントの力でいなされちゃうんですよね。(2023/5/16 サッカーダイジェスト)

セルジオ越後が語る遠藤保仁の凄さはこちらの動画から
【激辛一変!】セルジオが惚れ込んだ二人の天才・司令塔 - YouTube