はーとぼいるどワンダフル。

映画、お笑い、マンガなどなど。たまに広告のことも。

マンガ

ダークファンタジーの傑作マンガ『ベルセルク』の凄さまとめ

ダークファンタジーの傑作『ベルセルク』の凄さについてまとめてみた。 宮台真司(社会学者) 実験的設定における実存を描いた類まれな傑作だ。 岡田斗司夫(評論家) 諫山創(漫画家) 『ベルセルク』作者 三浦建太郎が影響を受けた作品 永井豪作品 中世の…

漫画史上最大の傑作 永井豪『デビルマン』の凄さとその影響まとめ

漫画史上最大の傑作 永井豪『デビルマン』の凄さとその影響について、まとめてみた。 識者による『デビルマン』の批評 岡田斗司夫(評論家) 少年誌のタブーを明らかに越えてしまった 夢枕獏(小説家) 普通の文脈から考えたら、あり得ないことがラストに起…

『鬼滅の刃』作者 天才 吾峠呼世晴の凄さまとめ

『鬼滅の刃』作者 天才 吾峠呼世晴の凄さをまとめてみた。 片山達彦(『鬼滅の刃』初代担当編集者) セリフの力が圧倒的 わかりやすさと、作家性の両方を兼ね備えた 植朗子(文学研究者) 「セリフの反復」による「昔話的世界観」の構築 悪徳の美の表現の秀…

各界の著名人が絶賛する伝説の漫画 新井英樹『ザ・ワールド・イズ・マイン』の凄さまとめ

伝説の漫画と呼ばれる新井英樹『ザ・ワールド・イズ・マイン』について、各界の著名人が絶賛するコメントをまとめてみた。 くるり岸田繁 阿部和重(小説家) 伊坂幸太郎(小説家) 松尾スズキ(劇作家) 呉智英(評論家) 深作欣二(映画監督) 町山智浩(映…

神の視点と日常の視点を合わせ持つ天才漫画家 さくらももこの凄さについて

神の視点と日常の視点を合わせ持つと評される天才漫画家 さくらももこの凄さについてまとめてみた。 ビートたけし いとうせいこう 腰が抜けるほどの圧倒的な才能 吉本ばなな ヨーロッパの香りがする独自の色彩感覚と、研ぎ澄まされた線 円堂都司昭(文芸・音…

天才 漫画家 浦沢直樹の凄さと創作の秘密まとめ

天才 漫画家 浦沢直樹の凄さと創作の秘密をまとめてみた。 浦沢直樹の凄さ ポン・ジュノ(映画監督) 北野武(芸人・映画監督) 浦沢直樹の創作法 浦沢直樹の凄さ ポン・ジュノ(映画監督) 『パラサイト 半地下の家族』でカンヌ国際映画祭パルムドール受賞…

『寄生獣』作者 天才岩明均の圧倒的な凄さまとめ

今や伝説となった漫画『寄生獣』の作者 天才岩明均の圧倒的な凄さと独特の創作法についてまとめてみた。 『寄生獣』『寄生獣』とは寄生獣(1) (アフタヌーンコミックス)作者:岩明均講談社Amazon あらすじ:シンイチ…『悪魔』というのを本で調べたが…いちば…

あらゆるクリエイターに大きな影響を与えた漫画家 諸星大二郎の凄さまとめ

あらゆるクリエイターに大きな影響を与えた漫画家 諸星大二郎の凄さについて、まとめてみた。 『マッドメン』より 諸星大二郎を賞賛する声 庵野秀明(映画監督) 宮崎駿(映画監督) 筒井康隆(小説家) 諸星大二郎の創作哲学 異様なものの中に、見たことの…

天才 尾田栄一郎の凄さがわかるエピソードまとめ

天才 尾田栄一郎の凄さがわかるエピソードをまとめてみた。 鈴木敏夫(スタジオジブリ プロデューサー) 堀越耕平(漫画家) OKAMOTO'S オカモトショウ 長峯達也(映画監督・『ONE PIECE FILM Z』監督) 鈴木敏夫(スタジオジブリ プロデューサー) 鈴木敏夫…

『ドラゴンクエスト』を国民的ゲームへ押し上げた鳥山明のエピソードまとめ

『ドラゴンクエスト』を国民的ゲームへ押し上げるきっかけとなった鳥山明のキャラクターデザインに関するエピソードをまとめてみた。 『ドラゴンクエスト』に携わるきっかけ 鳥山明が語るドラクエ秘話 ストーリーがあるマンガを描くのが好きというより、絵を…

冨樫義博の休載の本当の理由 20代の頃から続く病気と連載の苦しみ

『幽遊白書』『HUNTER×HUNTER』で知られる冨樫義博の休載の本当の理由 20代の頃から続く病気と連載の苦しみについてまとめてみた。 冨樫義博の休載と病気の歴史 『幽遊白書』連載時代(1990~1994年) 『HUNTER×HUNTER』連載時代1998年~現在) 冨樫に共感す…

『進撃の巨人』作者 諫山創が天才と呼ばれる理由まとめ

『進撃の巨人』作者 諫山創が天才と呼ばれる理由をまとめてみた。 朝日新聞デジタルより 最初から絵に怨念があった 物語で『世界そのものを描く』圧倒的な才能 社会に「思想」をもたらした 「対の法則」 最初から絵に怨念があった 諫山創が19歳、専門学校生…

生ける伝説 天才 漫画家 高橋留美子の凄さまとめ

『うる星やつら』『めぞん一刻』『犬夜叉』など大ヒットを生み出した高橋留美子がいかに天才かわかるエピソードをまとめてみた。 『うる星やつら』 ヒット率がほぼ100% 尋常ではない作画スピード 努力・根性・命がけのテーマを終わらせた 高橋留美子が起こし…

『スラムダンク』井上雄彦の天才性がわかるエピソードまとめ

『スラムダンク』の著者井上雄彦の天才性がわかるエピソードまとめてみた。 『SLAM DUNK』 冨樫義博(漫画家) 内田樹(思想家) 夏目房之介(漫画批評家) 山田玲司 町山智浩(映画評論家) 冨樫義博(漫画家) HUNTER×HUNTER 『幽遊白書』、『…

天才 手塚治虫の凄さがわかるエピソードまとめ

天才漫画家手塚治虫の凄さがわかるエピソードをまとめてみた。 宮崎駿(映画監督) さいとうたかお(漫画家) 浦沢直樹(漫画家) 立川談志 宮崎駿(映画監督) スタジオジブリの宮崎駿は、学生時代に漫画を描き始めた頃、どうしても大きな影響を受けた手塚…

『AKIRA』で知られる大友克洋の天才性がわかるエピソードまとめ

『AKIRA』で知られる大友克洋の天才性がわかるエピソードを業界関係者の声を中心にまとめてみた。 手塚治虫(漫画家)本気で大友に嫉妬した伝説のエピソード 浦沢直樹(漫画家)1本の線で世の中を変えた天才 桂正和(漫画家)漫画における発明である 山田玲…

『HUNTER×HUNTER』作者 冨樫義博が天才であることがわかる関係者の声・エピソードまとめ

『HUNTER×HUNTER』作者 冨樫義博が天才であることがわかる関係者の声・エピソードや、冨樫の独特の創作法についてまとめてみた。 岡田斗司夫(オタキング・評論家) キメラアント編は計算違いなほどよくできている 山田玲司(漫画家) 染宮 愛子(漫画シナリ…

天才 鳥山明の本当の凄さがわかる関係者の声・エピソードまとめ

天才 鳥山明の本当の凄さがわかる関係者の声・エピソードをまとめてみた。 漫画家:尾田栄一郎「神様。ディズニーよりうめぇ!」 漫画家:手塚治虫「鳥山明にはかなわんです」 岡田斗司夫:リアルの中にデフォルメを入れる天才 漫画家 山田玲司:「口の描き…

「鬼滅の刃」はなぜ大ヒットしたか?ジブリ鈴木敏夫や押井守ら業界関係者の批評まとめ

鬼滅の刃ヒットの理由を語るジブリ鈴木敏夫や、押井守監督など識者の批評をまとめてみた。 ジブリ プロデューサー 鈴木敏夫 日本の歴史の中で不安定なことがあると、必ず登場したのは鬼ですよね。 こういう物語を少女漫画でやるとこうなる。 映画監督 押井守…

アイアムアヒーローの元ネタ。

いよいよ映画公開ということで、ぼくの大好きな漫画の一つアイアムアヒーローの元ネタについて書いてみようと思います。前にも書いたが急にゾンビものというより、SF小説チックな要素を醸しだしてきたこの作品。 fc0373.hatenablog.comポイントとしては、 ・…

アイアムアヒーローがGANTZみたいになってきた!

アイアムアヒーローは、現在連載中の漫画の中でも特に好きな作品だ。 この漫画の何が凄いって何でもない日常が急に非日常に変わる瞬間の描き方である。 花沢健吾は単行本まるまる1巻分を壮大な前フリにした。主人公の英雄はマンガ家松尾のしたでアシスタン…

アニメ『惡の華』がダメな理由

アニメ版『惡の華』を見たが、はっきり言ってこういうのは嫌いだ。何が嫌いって、そのロトスコープとかいうやつ?実際の人間に演じさせてそれをトレースするとかいうね、もう何だよ?wそれ。 監督のインタビューとか見ても、イライライライラしてくるので、…

アニメが散々な評価だが、マンガは大大大傑作の『惡の華』

『惡の華』というタイトルから明らかにサブカル臭ぷんぷんのマンガがある。これ最近アニメ化されて大変な騒ぎになっている。だって これが こうなっちゃってるんだもん。 明らかにやばいよねw まあこのアニメに関しては後で書くとして、とりあえずマンガに…

『デメキング』製作背景にみる芸術とエンタメの対立

『デメキング』完結版にいましろたかしのインタビューが載っていた。これがなかなかおもしろくて、芸術性をとるか、エンタメ性をとるかっていう全てのクリエイターに通じる悩みが表れていた。 まずは『デメキング』の企画段階のはなし。 ____ そもそも、…

考察『20世紀少年』の元ネタ。いましろたかしの『デメキング』

あの『20世紀少年』の作者である浦沢直樹が怪物的傑作と言い放ったいましろたかしの『デメキング』。 このマンガ途中まではすっごい面白い。 舞台は1969年(昭和44年)瀬戸内安芸ノ浜市。テレビは安保闘争や大阪万博の開催という祭りの異様な熱狂を映し出し…

岡崎京子『pink』のワニは何だったのか。

『pink』岡崎京子の作品である。 pink作者:岡崎 京子発売日: 2010/07/29メディア: コミックwikiよりあらすじ 主人公のユミは一人暮らしのOL。父と継母とその娘であるケイコ(ユミの腹違いの妹)がいるが、ユミは継母が父の財産目当てで結婚したのを知っている…

【考察】手塚治虫が変えたもの。『相対的な社会』と『小さな個人』の発見

サブカルチャー神話解体を読んだ。戦後から現在にかけてのメディアコミュニケーションの変化と社会との関わりについてまとめた本である。サブカルチャー神話解体―少女・音楽・マンガ・性の30年とコミュニケーションの現在作者:真司, 宮台,明子, 大塚,英樹, …

大友克洋について

「大友克洋って誰に影響受けてるんだろう?(ただし、メビウス抜きで)」 個人的にずーと気になっていたこと。もちろん、手塚治虫の影響はあるだろう。だって、漫画家って皆、口をそろえて「手塚先生が…」って言うしね。だけど、〈大友以前〉〈大友以降〉と…

ザ・ワールドイズマインを読んで

このマンガを読んだのは、だいぶ前なんだけど、そりゃあもう大変な衝撃だったのを今でもはっきりと覚えている。 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (2)巻 (ビームコミックス)作者: 新井英樹出版社/メーカー: エンターブレイン発売日: 2006/08/31メディア: コ…