読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はーとぼいるどワンダフル。

映画、テレビ、マンガなどなど。たまに広告のことも。

設楽統と小林賢太郎に矢作が出会った、『君の席』がめちゃくちゃおもしろい理由。

TV

バナナマン、ラーメンズおぎやはぎが一緒にやったライブ『君の席』

 

f:id:FC0373:20130317055618j:plain

 

 これがめちゃくちゃ面白い!しかし、ふと疑問に思ったのがこの3組ってどうやって出会ったんだろうということ。

 色々調べた結果クイックジャパンvol94で放送作家のオークラさんが3組の出会いを語っていた。これがまあ面白くて、その出会いの経緯を知ると『君の席』がなぜあんなに面白かったのか、なんとなく分かってきたのだ。

 

オークラ もともと、僕はラーメンズ小林賢太郎と友達で「バナナマン好きなんだ」って言うから、設楽さんを紹介したんですよ。結果バナナマンとラーメンズは『genico』っていうユニットを組むことになったんです。だけど、この頃はみんな謙遜しつつもイケイケだから、良い意味でも、悪い意味でもぶつかることがあるわけです。稽古場でもピリピリすることは何度もありました。

 なんと!小林賢太郎の一言がきっかけだったとは、、しかもその言葉が「バナナマン好きなんだ」なんか良いエピソードだな〜と。

 で、ピリピリしていたのは、やっぱり設楽と小林みたい。これに関してはネット上で色々情報があるからね。設楽が「あいつとは仕事したくない」と言ってるとか、、その反面「ラーメンズはやってること自体がかっこいいよ」とも言っているところに、なんかアンビバレントな思いがあるのかな〜と妄想する(笑)

 

そして、そんな2組の前に現れたのが、人付き合いの天才、矢作兼

設楽さんってああ見えて、なかなか人に心を開かない人なんです(苦笑)。けど、誰にでも心を開けさせてしまう力がある矢作さんに対しては、『笑いの巣』の流れもあったんで、「おぎやはぎと一緒にライブをやりたいな」って言い出したんです。それで、バナナマン、ラーメンズおぎやはぎが組んだコントユニット『君の席』が実現しました。これはね、今までやったなかでも完成度が高くて、いちばんいいバランスで成り立ったなあって思いますね。僕もネタを書いてて楽しかったし。

 

 結局このライブが面白かった理由の一つはコンビ間の仲が良すぎなかったということなんじゃないかと思う。設楽と小林を矢作が中和してた。言い換えると、バナナマンの演技で引っぱろうとしすぎる所、ラーメンズのいらいらするインテリな雰囲気おぎやはぎによって上手く中和されていたんじゃないかなと。。仲が良すぎる芸人どうしっていうのは意外と面白くならないことが多いと思うんですよ。キカナイトとか完全に芸人同士の仲が良すぎて面白くない番組の代表例だし。

 ここまで書いて気づいたのが小木の話題が一切出てないこと、、『君の席』で一番おもしろかったのは小木の麻酔打たれた足を引きずる演技なんだけどね(笑)

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

 【関連記事】なぜキカナイトFは面白くないのか 笑いは、「面白さ」じゃなくて、「強さ」論 - はーとぼいるどワンダフル。

 

加筆修正しました。