はーとぼいるどワンダフル。

映画、お笑い、マンガなどなど。たまに広告のことも。

ハライチ岩井は独特。「僕の人生には事件が起きない」や爆笑問題、太田光の影響について

ハライチの岩井が書いた「僕の人生には事件が起きない」がかなり面白かった。芸人だからといって、特におもしろいことが起きるわけでもないただの日常が、岩井の妄想や空想によって別の姿に変わる。ラストの相方、澤部という人間の分析も、まあ凄い。幼馴染である澤部という人間の本質を明らかにする、まるで社会学者による犯罪者の心理分析のようだ…結局、澤部という人間にはなにもないのだとつきはなしているように見えるが、自分とは正反対の性質をもつ相方をおもしろがる愛も感じる。

僕の人生には事件が起きない

僕の人生には事件が起きない

  • 作者:岩井 勇気
  • 発売日: 2019/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


これまでハライチには特に興味なかったのだが、この本を読んでから無性に岩井のことが気になり、彼らがやっているラジオ番組ハライチのターンなども聞くようになる。

岩井は、フリートークが独特である。芸人のラジオのフリートークは大体、身の回りのエピソードトークだ。例えばマネージャーの〇〇が〜などの身内話や、TV番組収録の裏話だとか、下ネタだとか。

岩井の場合、スタッフの身内話も下ネタもほとんど話さない。特徴的なのが、話の途中から、完全にホラ話になること笑。自動車免許の更新に行ったら、提出書類を忘れて、鬼に地獄に落とされる話や、これ喩えで「まるで〜みたいで」というトークのやり方はよくあるんだけど、岩井はそういう言葉が全くなく、「こうなっちゃったの」、「ほんとなんだよ」とあくまで自分が体験したこととして、信じているように話すのが特徴的だ。岩井のこの話し方は、長年、芸人ラジオ聞いてるぼくも、ほかで聞いた覚えがなく、ふつうに嘘ついちゃうっていうその独創性がけっこう衝撃的だった。

岩井が1番好きな芸人は、爆笑問題だという。
爆笑問題の出るタイタンライブは、必ず自腹で見に行くとか。言われてみると、太田光の小説や好きなものへのこだわりは、岩井でいうとアニメやラノベ、ファッション。太田の総理になったら、サンジャポなどでみせる論点を見極める鋭さ、絶対に折れずに自説を展開する姿勢は、岩井のゴッドタンでの腐り芸人として、バラエティー番組の気持ち悪さを指摘する姿に重なる。

考えてみると、「僕の人生には事件が起きない」の日常から始まる妄想、空想は、太田光が以前書いていたエッセイに少し似ている。
太田の方が日常からフィクションへのジャンプの仕方がわかりやすいが。


かたや澤部の方はわかりやすく、みんな見てわかる通り、さまぁ〜ず三村のコピーである。。もちろんコピーから始まり澤部独自のものに昇華されてるんだろうけど。岩井とちがって澤部はほんとに単純だなぁ。