はーとぼいるどワンダフル。

映画、お笑い、マンガなどなど。たまに広告のことも。

岡田斗司夫が絶賛しおすすめした本まとめ

 岡田斗司夫が、おすすめする本をまとめてみました。

f:id:FC0373:20211218190022j:plain

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福(ユヴァル・ノア・ハラリ)

岡田:カズレーザーがね、ネアンデルタールとの第一章が一番面白い!!って言ったのよく分かるんですけどね(笑)これ第一章を読んで、あまりの面白さに燃え尽きる人が多い(笑)

人類はたくさんいたのになぜ、サピエンス(我々)だけが生き残ったのか?

岡田:人類っていうのはたくさんいたんですよ。我々、ホモサピエンスと、ホモネアンデルタールとか色んなホモ族がいたんですよ。その中で唯一生き残ったのが僕らホモサピエンスだけなんですね。なぜかというと僕らホモサピエンスが他の人類を大体殺しつくしちゃったから。その動機と方法を探っていこうというのが第一章です。

7万年前にホモサピエンスに起きた認知革命

7万年前に何が起きたかというと、遺伝子の突然変いによって、脳内の配線が変わって言葉の使い方が変わったんです。言葉はイルカでも猿でも犬でも猫でも持ってるんですよ。ただ、その使い方ががらっと変わってしまった。これをサピエンス全史では「認知革命」と呼んでいます。

サバンナモンキーは「気をつけろライオンだ!」と言うことはできるけど、「もう大丈夫だ。ライオンはいない」と言うことはできないんです。僕らホモサピエンスは、「朝はライオンがいたけど、今はもういない」「いま、川にライオンがいるということは森は安全だ」と言うこともできる。

倒してもいないのに、「俺、ライオン倒したよ」とも言える。これが大きな変化だったんです。ここから、我々の守護神はライオンだ。だから我々はライオンのように勇敢で他の部族より強いという虚構を信じられるようになったんです。

虚構を作り出し、信じる力でホモサピエンスは繁栄した

人類の中で最強だったネアンデルタール人も群れの数は150が限界であった。この150というのは、社会学ではダンバー数といいます。これは人類がなんとか意思統一できるギリギリの数と言われてるんですね。このダンバー数を超えると集団は分裂して、集団同士で殺し合いが起きる。ただ「我々の守護神はライオンだ」とか、「我々は神に守られている」という虚構を取り入れることによって、ダンバー数を超える数の集団を組織することが可能になった。

そもそも、日本人とか県民という概念は、単にそこで生まれたという過去の現象を指しているだけで、物理的な根拠はないんですね。そこで僕らが連帯感を感じることが出来るのは、認知革命によって、言葉から虚構を生み出し、それを信じられることができるようになったからなんですね。



「世にも奇妙な人体実験の歴史」

岡田:自分の身体を使って、人体実験をしまくった話です。特に冒頭に取り上げられているジョン・ハンターだよね。もう、ジョン・ハンターの部分って18ページしかないんだけど、面白すぎてね。ジョン・ハンターだけ取り上げた「解剖医ジョン・ハンター」の数奇な生涯っていう本を読んだんだけど(笑)こっちの方もめちゃくちゃ面白くてね。(岡田斗司夫 YOUTUBEチャンネルより)

解剖医ジョン・ハンター、実験のため淋病を自分の身体にうつす

岡田:ジョン・ハンターは、淋病が治らず全身に転移していった時に梅毒になるのではないかと考えたんだ。現在はこの考えは否定されて、淋病と梅毒は全く別の病気なんだけど。
これを調べるには健康な患者に淋病をうつして、それを治さずにほっといたて梅毒になるかを観察すればいいと考えたわけなんだな(笑)こんな危険な実験に使えるのは、もう俺の身体しかない!と考えたジョン・ハンターは、ハンターは自分の局部にナイフを入れ、淋病患者の膿を毎日塗りたくったそうなんだ(笑)それで、経過観察をしていたら何週間か経った時についに梅毒の症状が出てきたんだ!(笑)この時、ハンターは手を打って喜んだそうなんだ!(笑)「やったー!俺の考えが正しかった!」って(岡田斗司夫 YOUTUBEチャンネルより)

岡田:ハンターが間違っていたのは、淋病患者が、淋病と梅毒に同時にかかっているという可能性を全く考えてなくて!(笑)ハンターがたまたま、こいつの淋病を俺にうつして…って思った患者が、淋病と梅毒にかかってて。ハンターは梅毒になったんだよ。当時の医学では、まだペニシリンが無いから、治しようがなくて、その後一生ハンターは梅毒に苦しんだらしいんだよ!(笑)(岡田斗司夫 YOUTUBEチャンネルより)



「闇の脳科学-完全な人間をつくる」

患者B19号の異常な体験が一人称で語られるプロローグ

彼は、自分の頭の中に外科手術で何か埋め込まれている。後頭部からは4本のコードが出て隣の部屋にのびている。隣の部屋には多分医者がいるのだろう。ベッドの上には下着姿の若い女が座っている。その下着姿の女の人とは売春婦らしい。B19号はホモセクシャルだから、それまで若い女の人を見ても何も感じなかった。どちらかと言うと、苦手感があった。

女が自分のベッドをぽんぽんと叩いた。「こっちへ来なさい」でも、B19号は、まだ女の目を見れない。仕方なく、壁に向かって自分のことを話始めた。家族との話しをするうちに口調は強くなってきてしまった。当時ホモセクシャルは病気だと考えられて家族から差別的な言葉を受けていたのだ。自分への嫌悪感もある。

夢中で話しをしていると、女が服を脱ぎだした。裸の女を見ていると、なんだかワクワクしだした。この気持こそ、B19号が欲しいと思っていた感覚。この感覚のために、B19号は実験室で、脳に電極を埋め込まれ調整され続けてきたのだ。




「コンテナ物語」

 ひろゆきが、「これから先10年役に立つ本」だとおすすめし、岡田斗司夫も読んだらめちゃくちゃ面白かったという本。

岡田:まあ、面白くて。2020年読んだ本の中で一番おもしろかった。ひろゆきが書いてたのが、上海から東京まで30トンの荷物を運ぶ場合、大体30万くらいかかる(当時の価格で)しかし、群馬の工場から東京の工場まで輸送したら、30万では全然足りない。つまり、海上輸送の方が安くなってしまったので、製品を輸入することが当たり前になり、それが低コストにつながるようになった。今、聞くと当たり前だけど、その当たり前がどのようにして実現したのかっていう本なんですね。(岡田斗司夫 YOUTUBEチャンネルより)




肩をすくめるアトラス(アイン・ランド)

 日本では全く知られていないがアメリカで超ベストセラー。アメリカの知識人のバイブルとも言われているSF小説だと岡田は言う。アメリカ人の資本主義の捉え方や、資本家の慈善活動の根本にこの本が思想的影響を与えている。実際、米国アメリカ議会図書館が1991年も「人生で最も影響を受けた本」を調査したところ、同書は聖書に次ぐ2位だった。

あらすじ:大陸鉄道の副社長のダグニーは、鉄道運営の重要ポストを任せられる有能な人材も続々と退職し、有能な人材がいなくなっていることに気づく。国は社会主義政策を進め、企業活動を阻む産業統制が強化されるが、同時に深刻な不況に見舞われ、ダグニーは国家の崩壊を危惧する。

そうした中、有能な経営者や技術者が「ジョン・ゴールトって誰?」と謎の文句を呟き、次々と消えていく。ダグニーは「ジョン・ゴールト」という人物がアメリカ合衆国の破壊を目論んでいるのではと推測する。

ジョン・ゴールトとは何者なのか、金儲けと道徳の問題をどう克服するべきなのか、ミステリー小説と思想小説の両方を併せ持つ大著。

f:id:FC0373:20211212112221j:plain
天を支えるアトラス

ギリシャ神話の天空を支え世界を守るアトラスのモチーフを、優秀な資本家・人材が世界を支えているというテーマに反映させている。

岡田:資本家というのは偉い。なんでかというと、1つ目は「ちゃんと成功したこと」貧乏から身を成した人もいるし、親の遺産を受けた人もいるんだけど、そういう風なところから身を成して、この世界を支えるアトラスの役割をしているから。(岡田斗司夫 YOUTUBEチャンネルより)

岡田:同時に、アトラスたちは人民たちを助け、同時に労働者たちはアトラスを助けるという、道徳的なフィードバックが働いている。これが、共産主義によって、貧しい人間、怠惰な人間にも、同じような食を与えよう。娯楽を与えようとするソビエトの社会主義・共産主義に対して、アメリカの慈善活動というのは、どんなに人間的でどんなに能動的であるのかっていうのが、このアイン・ランドの考え方なんだ。(岡田斗司夫 YOUTUBEチャンネルより)

岡田:だから、アメリカ人は資本家に対して、基本的には尊敬するんだよな。で、尊敬されたやつらの大部分は、ちゃんと慈善活動っていうのをやる。(岡田斗司夫 YOUTUBEチャンネルより)

ホリエモンが絶対的におすすめする買ってよかったものまとめはこちら
fc0373.hatenablog.com

岡田斗司夫がおすすめする映画ベストまとめ
fc0373.hatenablog.com
2ちゃんねる ひろゆきが語る岡田斗司夫の凄さと自身への影響
fc0373.hatenablog.com
2ちゃんねる ひろゆきが影響を受けた本・おすすめ漫画まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
読書芸人カズレーザーがおすすめする本まとめ
fc0373.hatenablog.com
アメトーーク!読書芸人2021 おすすめ本完全まとめ
fc0373.hatenablog.com
爆笑問題 太田光がおすすめする作品まとめ 
fc0373.hatenablog.com
読書芸人 オードリー若林のおすすめ本まとめ
fc0373.hatenablog.com
岡田斗司夫と庵野秀明の知られざる関係
fc0373.hatenablog.com
岡田斗司夫と宮崎駿の知られざる関係
fc0373.hatenablog.com
岡田斗司夫が絶賛しおすすめする漫画まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com