はーとぼいるどワンダフル。

YouTubeを中心としたインフルエンサー・起業家・学者の発言などのまとめサイト

ひろゆきが自分より凄いと語る成田悠輔の過激発言まとめ

 ひろゆきが「自分より頭がおかしい!」と絶賛するイェール大学助教授で、経済学者、実業家である成田悠輔の過激発言をまとめてみた。

勝者が歴史を書き換えて、真実はつくられてきた

 悪化する日韓関係に関しての議論での発言

成田:関心を持つとか、勉強するとかっていうことが重要だとすると、それは何が正しいのかとか、何が真実なのかっていうことを突き止めることではないんじゃないかなって。

ひろゆき:(うなずく)

成田:むしろ真実とか、何が事実なのかっていうことはどこまで行っても解決できない問題であると。で、解決できるように見える時っていうのは、大体政治的な勝者とか、経済的な勝者っていうのがいて。その勝者が歴史を書き換えるっていう形で真実というものがつくられていくと。

ひろゆき:(笑いながらうなずく)

成田:なので、政治団体のリーダーの人とかが大声で演説していることが、いかに何の中身も無いことかっていうことを普通の人が理解できるようになることが大切かもしれないですね。

平石:うーん!(2021年12月18日ABEMAニュースより)

10:51頃から

【成田悠輔】「マッコリでも飲もう」日韓関係はエンタメ&文化だけでは改善しない?隣国がもめるのは当たり前?ひろゆきは「ムリ」論者|#アベプラ《アベマで放送中》 - YouTube


MMT論者は全員ただのバカか,ポジショントークでギャラとフォロワーを手に入れたい悪質な人

成田:世の中には経済学者とかエコノミストとかいう名前で新聞とかTVとかに出て、例えば「日銀がお金を刷らなかったことが失われた30年の原因だ」とかいって、「刷りまくれば全て解決」って言っている人たちがいるじゃないですか?

敦:あ、僕もそれ刷り込まれてます!

成田:うん、あれは、全員ただのバカか、あるいはポジショントークで、ギャラとフォロワーを手に入れたい悪質な人たちで、これを見てらっしゃる方は、そういうはっきりした主張をしてる経済学者を自称してる人たちがいたら、ぜひ信じないですぐにフォローをやめていただきたい。というのがまず出発点。(2022年2月17日「日経テレ東大学」より)

代表的なMMT論者

わからないことにわかるって言うのは「コロナがビル・ゲイツの陰謀だ」とか言ってる人と同じ

敦:へえ~…それが違うっていう根拠はなんなんですか?

成田:わからないことに、わかるって言ってるので、それは「コロナがただの風邪だ」って言ってる人だとか、「コロナで世界が崩壊する」とか「ビル・ゲイツの陰謀だ」とか言ってる人たちとほとんど同じような感じなので。

敦:ああ…(2022年2月17日「日経テレ東大学」より)

MMT入門の決定書はこちら

超入門MMT

超入門MMT

  • 作者:藤井聡
  • エムディエヌコーポレーション(MdN)
Amazon

中国のヤバさを伝えるために渋谷の交差点を真っ赤に染めよう

 日経テレ東大学で、国民の中国への危機感が薄すぎる問題に対して、成田はもっと過激に伝えるべきだと主張している。

アンディ・ウォーホール「毛沢東」

成田:逆に言うと、危機感を普通の人に共有できていないことが一番の問題なんじゃないか?と思っていて、今話しているようなことをごくごく普通に生活している人に肌感覚として伝えるにはどうしたらいいんだろうか?と。

敦:うん。これはメディアがどうニュースを発信するんだろうというところにも繋がるんだろうな。


成田:そういう意味で言うと、中国共産党の恐さ、キモさっていうのをもっと僕たちが感じられるようにしなきゃと思っていて、1960年代とかって毛沢東があまりにも異常だったために、毛沢東がある種のポップアイコン、アート記号みたいになってたじゃないですか?アンディ・ウォーホールとかも増殖する毛沢東の絵とかつくって。

敦:うん。

成田:フランスの映画監督とかも全編真っ赤みたいな訳のわからない映画をつくって、中国が気が狂いすぎてるために逆にポップなアイコンになってたと思うんですよ(笑)

敦:うん。

成田:それぐらいのことを今日の中国に対してもやっていいんじゃないかと思っていて。習近平アートとかを日本人のアーティストが大挙して作り始めるとか、渋谷の交差点を真っ赤に染めてみるとか(笑)

敦:ははは!!(笑)だいぶ意識するな!そうなると(笑)(2022年2月10日 日経テレ東大学「対中外交」ぶっちゃけ本音より)

高齢化社会の解決策は集団自決


 GLOBIS知見録で行われた「社会保障改革は実現できるか」において、成田悠輔が極論をつきつけた。

たどり着いた結論は、集団自決みたいなことをするのがいいんじゃないかなと

成田:じゃあ、どうしたら、この高齢化の問題と様々な人生のリスクを軽減できるだろうかということを考えて、たどり着いた結論は、集団自決みたいなことをするのがいいんじゃないかなと。特に集団切腹みたいなものを。どういうことかって言うと、ここにいらっしゃる皆さんもご存知の「葉隠」という本があると思います。これは、江戸の中期ごろに武士たちに向けて書かれた生き方指南の本で、そこには有名な文句があります。それは、「武士道というのは、死ぬことと見つけたり」というような文言ですよね。それの典型的な解釈は、大義とか目的のためには死ぬこともいとわないのが武士であり、日本人であるという解釈です。でも、もうちょっと踏み込んで考えれば、江戸中期になって最早華々しく、戦場で死ぬこともできなくなったサラリーマン化した武士たちに対して、死ぬに値する大義と目的をでっち上げてみたらどうかという挑発だと捉えることもできるんじゃないかと思います。(GLOBIS知見録「社会保障改革は実現できるか」2019年6月10日より)

大義は、社会保障について議論しなくてもいい世界を作り出すということ

ここで僕たちが議論すべき大義は、いわばこの高齢化して延々と生き続けてしまうこの世の中をどう変えて、社会保障などという問題について議論しなくてもいいような世界を作り出すということだと思います。そのためには、かつて三島由紀夫がした通り、ある年齢で、自ら命を絶ち、自らが高齢化し老害化することを事前に予防するというのは、良い筋なのではないかと。ここにいらっしゃる皆さんのような傑出したエリートの方が、リーダーの方が次々と切腹をするような日本社会になったら。


聴衆:はははは!!(笑)

成田:ただの社会保障政策であるだけではなくて、最強のクールジャパン政策にもなるはず。(GLOBIS知見録「社会保障改革は実現できるか」2019年6月10日より)


若者は選挙に行くより独立国をつくるべし

 報道ステーションの選挙関連特集「若者たちはどうすれば選挙に行きたくなるのか」というテーマに対して、成田悠輔が語った。

若者が政治に参加したり、選挙に行ったりしても、何も変わらない

成田:僕はそもそも、若者が政治に参加したり、選挙に行ったりしても、何も変わらないんじゃないかなって思ってるんですよね。なんでそう思っているかというと、そもそも今の日本で若者って、超マイノリティじゃないですか?日本ってたしか日本人の平均年齢で今、48歳とかそれくらいなんですよね。ということは、今日出演している全員、富川大先輩も含めて、全員が日本だと若者側にいるっていう、もうすごい恐ろしい状況になってると思うんですよ。そうすると、若者の投票率が上がって、60代70代の人と同じくらい選挙に行くようになっても、今は超超マイノリティの若者が、超マイノリティになるくらいで、何も変わらないんじゃないかなと。(2021年11月1日 報道ステーション「若者100人と衆院選挙の夜に考える「若者の投票率上げる方法」より)

若者の投票行動は高齢者のそれと変わらない

成田:若者の投票行動って、高齢者の投票行動とそんなに変わらないんですよね。実際、自民党支持率とかを見てみると、20代30代の人の支持率とかって、60代、70代の人の自民党支持率と、大して変わらないか、むしろ高かったりするくらいなんですよ。そうすると選挙に若者が行ったところで、選挙は何も変わらないだろうし、その結果として政治にプレッシャーを与えることもできないんじゃないかなっていうふうに思っています。(2021年11月1日 報道ステーション「若者100人と衆院選挙の夜に考える「若者の投票率上げる方法」より)

日本の停滞は、そんな甘っちょろい状況にない

成田:もっとぶっちゃけて言うと、今の日本の政治とか、日本社会の停滞って、若者の政治参加とか、選挙に行くとか、そんな程度の生ぬるいことで変わるようなそんな甘っちょろい状況にないと思うんですよ。もっと、とてつもない危機の状況に陥っていて、すごい革命みたいなことが起きないと何も変化は起きないんじゃないかなと。(2021年11月1日 報道ステーション「若者100人と衆院選挙の夜に考える「若者の投票率上げる方法」より)

過激にいえば、反乱を起こしたり、独立国をつくること

成田:具体的には、例えば若者しか投票できない世代別の投票区を創り出すとか。もっと過激にいえば、若者が反乱を起こして一定以上の年齢のひとから投票権を奪い取るとか。あるいは、この国に絶望した若者が、新しい独立国を創り出して、自分たち自身で新しい政治制度を実験していくとか。そういう革命レベルのことが起きないと、日本が根本的に変わることはないんだと思うんです。そういう革命を100だとすると、政治に参加するとか、選挙に行くとかっていうのは、3とか5とかの焼け石に水程度の話だと思うんですよね。そういう何も変わらないことが約束されている中途半端な行動をがんばるくらいだったら、自分の部屋にいて、カフェラテでも飲みながらゲームやっている方が楽しいし、コスパもいいんじゃないかなっていう風に思ってます。

徳永アナ:はははっ(笑)

富永アナ:いや~、刺激的ですね(笑)

徳永アナ:そうかあ…ありがとうございました!(2021年11月1日 報道ステーション「若者100人と衆院選挙の夜に考える「若者の投票率上げる方法」より)



コロナ禍においては、政府への信頼度の低さこそが対策の鍵となる。

信頼が低いことが良くないことっていう雰囲気がずっと漂ってるじゃないですか?僕、全然そうじゃないと思っていて。日本について信頼が低いってことは、すごい良いことだと思うんですよ。なんでかって言うと、その信頼が重要だっていうのは、社会とか経済だとかが、普通の動き方をしている平常時の話ですよね。組織でも、政府でも、隣の人でも、信頼できたら、安心してその人たちと交流できて、好感できて、仕事できるから、社会も経済も潤滑油として、うまく回って行きますっていう話じゃないですか。

今回みたいな疫病の局面って、全く真逆だと思ってて、自分以外の人をちゃんと信頼して、その人たちとちゃんと交流し始めたりしたら、まずいわけですよね。政府についても、政府を信頼して、政府がちゃんと対策してくれるに違いないって、信頼できちゃったら、まあなんか世の中うまく回っていきそうだから、そんなに自粛しなくてもいい。っていう感じになっちゃうじゃないですか。今、僕たちがいる局面っていうのは、できるだけ政府とかも信頼させない、世の中を信頼させないってことをやらなくちゃいけない局面だと思って、そういう意味では、日本はなんか、完璧な曲線を描いているように見えて、平常時には信頼がそこそこ高い所から、疫病になって皆、家に籠もっててほしい局面になるとドカンと信頼が下がるという状態を作り出せているので。何がこれを可能にしているかはわからないですが、結構完璧なんじゃないかって思いました。

170センチないと人権が無い問題に対して

人気プロゲーマー・たぬかな(29)がライブ配信中、(身長)170センチない方は『俺って人権ないんだ』って思いながら、生きていってください〉などと発言し大炎上したことに、成田は「どうでもいい」と言いながら、「蛸壺で話されていたことが、広場に持ってこられている」という乙武の意見を参照して、どう蛸壺に戻せるかという議論を展開した。

ネットを蛸壺に戻す方法はいろいろある。

成田:蛸壺であるべきものを蛸壺のままにするにはどうしたらいいかってことと、みんなが広場に集まりすぎないこと?をどうやって作りだしたらいいのかってことだと思うんですよね。

平石:でも、蛸壺に戻せないんじゃないですかね??はっは(笑)

成田:でも蛸壺に戻す方法はいろいろあるんじゃないですかね?

オープンなWEBは将来的になんらかの形で規制できる

乙武:オンラインサロンみたいにしたらいいんじゃないですかね?

石田(eスポーツ代表):いや、オンラインサロンにしても、出ます。

成田:でもそれはオープンなWEBがあるっていう前提になっているからで、別にオープンなWEBっていうのを将来的になんらかの形で規制するっていうことだって考えられるわけで。

石田:いや個人のディスコードでもそうなんですよ。今回のメンバーが炎上した件もそうなんですよ。ディスコードで放送されてると思ってなくても、勝手に放送されてた分。

成田:いや、それはそうですけど、それはディスコードの中でやりとりしてたものを公開されている場所に持っていくことができるからじゃないですか?なので公開されていて誰でもアクセスできるWEBがあるっていうことを、僕たちは前提だと思ってるんですけど、これ自体をどうやって変えていったらいいかなってことを考えてもいいんじゃないかなって思うんですね。(2022年2月24日 ABEMAニュースより)

通信速度に税金を課すとか近い将来議論される

平石:あ~。でも接写できるよね。

成田:いや、でも不特定多数の人がほとんどゼロコストでリアルタイムでやりとりできるっていう環境自体をもしかしたら社会的に害悪のほうが大きいかもしれないってことなんですよ。例えば災害とかテロとかっていうリアルタイムコミュニケーションを何百人同士でやりあうことがすごく意味のある状況を除いては、むしろそれを禁止して。

平石:なるほど。

成田:通信速度そのものに税金を課すとか。コミュニケーションそのものに税金を課すとか。たぶん近い将来議論されるんだと思うんですよ。

平石:ほお。(2022年2月24日 ABEMAニュースより)

僕たちはネットを使った制限のないマス・コミュニケーションで一体何を得て何を失ったのかっていうところから考えなくちゃいけない。

成田:これは炎上ネタだけではなくて、ネットと政治の関係も全く同じことが言えて、僕たちはネットを使った開かれた制限のないマス・コミュニケーションっていうので、一体何を得たのか?何を失ったのかっていうところから考えなくちゃいけない。(2022年2月24日 ABEMAニュースより)

 最近、NewsPicksもイケてないので、成田悠輔ファンはABEMAプレミアムをおすすめします。とりあえず初回無料登録可能。



成田悠輔の真面目な天才性がわかる著書はこちら

成田悠輔が翻訳をつとめた実用書はこちら


■関連記事

天才成田悠輔が中学生時代の悩めるかわいそうな弟に薦めた本まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
成田悠輔が語る新型コロナに民主主義が敗北した理由はこちら
fc0373.hatenablog.com
10代の時に親の自己破産手続きをした天才成田悠輔の生い立ちから、これまでの全エピソードまとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
完全にイカれている天才成田悠輔が、それなりに認めておすすめする本まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
天才 ひろゆきの凄さがわかるエピソードまとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
完全にイカれている成田悠輔のおかしさがわかるエピソードまとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
ひろゆきや成田悠輔が語るホリエモンの圧倒的な凄さはこちら
fc0373.hatenablog.com
2ちゃんねる ひろゆきが影響を受けた本・おすすめ漫画まとめ
fc0373.hatenablog.com
ホリエモンと成田悠輔の関係性はこちらから
fc0373.hatenablog.com
いったい何が凄いのか?誰も言語化できない成田悠輔の本当の凄さについて関係者の声まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
お互いを認め合うひろゆきと成田悠輔のつかず離れずの絶妙な関係まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com

イカれている天才成田悠輔に反論する元イカれている天才東浩紀の反論まとめ
fc0373.hatenablog.com
成田悠輔の人類を次のステージへ導く圧倒的な名言まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
天才成田悠輔から英才教育を受けた弟、成田修造がCOOになるまでの悲劇と苦悩エピソードまとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
日経テレ東大学のパンダの中の人、クソパンダこと高橋弘樹とは何者なのか
fc0373.hatenablog.com
成田悠輔の師匠で歴史上最も風格のない凄腕教授 小島武仁の変人エピソードまとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
天才成田悠輔がそれなりに認めている日本の天才たちまとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
中田敦彦が語る成田悠輔がこんなにもカルト的人気を得た3つの理由はこちら
fc0373.hatenablog.com
成田悠輔が語る行き詰まった社会を変えるための独立国家のつくりかたはこちら
fc0373.hatenablog.com
日経テレ東大学パンダの中の人、高橋弘樹が教えるTV・動画演出極意はこちら
fc0373.hatenablog.com
「ビジネス書を100冊読んで」で有名な堀元見のひろゆき著などビジネス本の超辛口批評まとめ
fc0373.hatenablog.com