はーとぼいるどワンダフル。

YouTubeを中心としたインフルエンサー・起業家・学者の発言などのまとめサイト

宮崎駿が天才である理由。なぜ世界で売れるのか。

 世界のアニメーション業界のトップを走り続けたスタジオジブリ宮崎駿は一体なにがそんなに凄いのか?なぜ世界で作品は支持されるのか?そんな疑問に対して関係者が宮崎駿の凄さを語ったエピソードをまとめてみる。

川上量生(ドワンゴ元代表取締役)

 ドワンゴ元代表取締役、ジブリでプロデューサーも務める川上量生は、著書「コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと」の中で宮崎駿作品が世界で売れる理由を分析している。
 宮崎駿をずっと横で支えてきたプロデューサー鈴木敏夫は、世界で売れる映画というのは、感覚じゃなく、理屈でつくっている映画だと川上に言ったのだという。つまり鈴木は本来、宮崎駿の映画は、宮崎の感覚でつくられているので、世界で売れる映画ではないはずだと。なのになぜ支持されるのか?鈴木はこう分析したという。

宮崎駿は脳に気持ちいい絵を描ける。

「宮さんはね、好きなものを大きく描くんだよ。宮さんは飛行機が好きだから、宮さんの描く飛行機は現実にある飛行機よりも大きくなる」そう説明するのは鈴木さんです。たとえば「風立ちぬ」に出てくる飛行機は、現実の飛行機の縮尺よりもかなり大きく描かれているのだそうです。「宮さんのなかでは飛行機はこの大きさなんですよ。こうあってほしいという大きさで描いている。でも、そのほうが見るほうも気持ちいいんですよ」 実際よりも大きく描くのは、一般的には誇張とかデフォルメとか言われていますが、それともちょっと違うようなのです。「宮さんは見ていて気持ちいい絵を描く天才だ」と鈴木さんは言います。誇張としておおげさに描いているのではなく、脳にとってはむしろ自然な大きさで描いているのだと言うのです。だから見ていて気持ちいい。(「コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと」)

『千と千尋の神隠し』がアカデミー長編アニメ賞を受賞したように、海外でも宮崎駿監督は高く評価されています。それは天才的な感性でつくっているように見える宮崎作品が、実は脳にとって非常に気持ちの良い映像になっているという意味で理屈が通っているのではないか、そういう仮説を言うのです。 つまり、宮崎作品が世界で認められているのは、正確に人間の脳と視覚構造が認識しやすい形で描いているから、つまり、描いているものが脳に気持ちいいから。これが鈴木さんの説明です。 この鈴木さんの説を、別の場所で、庵野監督に対して話してみました。(「コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと」)

庵野秀明(映画監督)

 川上がぶつけた鈴木敏夫の説に対して、宮崎駿の弟子であり、ライバルである『エヴァンゲリオン』シリーズで知られる庵野秀明はこう語ったという。

無意識に脳が認識した絵を描けるのが宮崎駿の才能

庵野監督の感想がまたおもしろかったのです。 「じゃあ、なぜ宮さんは脳に気持ちいい形を正確に描けるのか? 宮さんはおそらく目が見たとおりをそのまま描いているだけだと思います。つまり脳が認識して、受け取った情報のまま、紙に写しているので、それが結果的に脳が理解しやすい形になるというのが宮崎駿の秘密だと思います」 つまり意図して脳が認識しやすい絵を描いているわけじゃないというのです。ふつうの人は脳が認識したとおりには絵を描けない。それが無意識にできてしまうのが、宮崎駿の才能だというのです。 庵野監督によると、脳にとっての最高の写実主義をやってのけているのが宮崎駿だということになります。(「コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと」)

押井守(映画監督)

勘でできるから天才

押井: 『未来少年コナン』のでコナンが寝ているラナのために鉄板で日陰を作るっていう有名なレイアウトがあるんだよ(第八話『逃亡』)。地平線が一本描いてあるだけなんだけど、すばらしいレイアウトなの。これは宮さんに聞いたことがあるんだけど、あのレイアウトを固めるのにやっぱり半日かかったんだって。この線をどこに引くかっていうだけで。それぐらい微妙なものなんだよ。その線一本ですごい広大な砂漠を表現したんだよね。こう鉄板をかざして、その日陰のなかにラナが寝ていて、こう影が落ちてるわけ。その影の落ち方も絶妙なんだけど、それと遠くの地平線がパース的に一致しなきゃいけない。それをあの人は勘でやってるんだよね。 (「勝つために戦え!監督稼業めった斬り」

──勘でできるから天才なんですね。
押井 そうなんだよ。僕だったら三角定規で補助線を引きまくる。地面に落ちてる影のパースと地平線を一致させて、アイレベル(カメラ位置)をどこにフィックスするかっていうさ。でもそれでやったからと言って印象的になるかどうかはわからないんだよ。時には噓も必要なんで。もしかしたら微妙に地平線が上がってる方がいいのかもしれない。実は大地だって起伏があるし、広ければ広いほど丸くなってくるとか、かすかに奥に向かって沈んでる方が広さが出る。(「勝つために戦え!監督稼業めった斬り」)

富野由悠季(映画監督)

 『機動戦士ガンダム』シリーズで知られる映画監督 富野由悠季は、同い年の宮崎駿の才能に衝撃を受けながら、乗り越えようとしたライバル関係がある。
 富野は自身の手掛けた作品が『所詮アニメーションの範疇にすぎない』ということを自虐的に常々語ってきている。そして、自身と比較して宮崎駿の凄さを『アニメを越えた映画という作品を創れることだ』と語っている。

『風立ちぬ』はアニメという枠を超えた“映画”なんです。

富野:手塚・宮崎のような作り手をそばで見ていると、ひとつの目線だけでアニメを作れるとは思えなくなります。宮崎監督は『紅の豚』が作れるから『風立ちぬ』も作れるんです。どういうことかというと、メカのディテールはもちろん物語の描き方も熟練しています。だから、『風立ちぬ』みたいな巧妙な作劇ができるんです。僕からすると、あの作品はアニメという枠を超えた“映画”なんです。(ORICON NEWS 『ガンダム』生みの親・富野由悠季が感じた手塚治虫・宮崎駿の凄み より)

宮崎さんが描いたのは、絶望の物語なんです

富野:ぜひご覧になってください。本当に見事な映画です。宮崎さんが描いたのはこういうことです。技術者というのは夢を持つ。美しいものが空を飛ぶ姿は素敵だ。でも、航空技術に関わったおかげで、軍事でしか自分の才能を昇華できなかった。そんな絶望の物語なんです。(「SACLA×GENIUS」より)


そんな天才宮崎駿の創作の哲学や、アニメーション表現とは一体何なのか自身が語ったインタビュー等のまとめ本はこちら↓

■関連記事
天才 映画監督 新海誠の凄さを語る声まとめ
fc0373.hatenablog.com
天才 鳥山明の本当の凄さがわかる関係者の声・エピソードまとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
『AKIRA』で知られる大友克洋の天才性がわかるエピソードまとめ
fc0373.hatenablog.com
『スラムダンク』井上雄彦の天才性がわかるエピソードまとめ
fc0373.hatenablog.com
生ける伝説 天才 漫画家 高橋留美子の凄さまとめ
fc0373.hatenablog.com
天才 手塚治虫の凄さがわかるエピソードまとめ
fc0373.hatenablog.com
村上春樹は何が凄くて、なぜ世界で売れるのか 識者の批評まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
「もののけ姫」のサンの親がエボシ御前である7つの理由はこちら
fc0373.hatenablog.com
天才、庵野秀明の凄さを関係者が語ったエピソードまとめはこちらから
fc0373.hatenablog.com
押井守が語る宮崎駿の天才性について詳しくはこちらでまとめています。
fc0373.hatenablog.com
世界が称賛する天才 押井守の凄さを業界人が語ったエピソードまとめはこちらから
fc0373.hatenablog.com
天才、宮崎駿がどんな作品から影響を受けたのか、そして世界にどんな影響を与えたかについてはこちらから
fc0373.hatenablog.com
風立ちぬの声優はなぜ庵野秀明でなければならなかった理由はこちら
fc0373.hatenablog.com
fc0373.hatenablog.com
押井守が語る北野武映画の凄さはこちら
fc0373.hatenablog.com
エヴァンゲリオンが影響を受けた作品まとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
宮崎駿と高畑勲の演出手法の最大の違いについてはこちら
fc0373.hatenablog.com
「ハウルの動く城」監督を降板となった細田守とジブリの愛憎相半ばする関係はこちら
fc0373.hatenablog.com
庵野秀明を支え続けたスタジオ・ジブリという存在と歴史についてはこちら
fc0373.hatenablog.com
宮崎駿の心震える圧倒的な名言はこちら
fc0373.hatenablog.com
富野由悠季が絶望し乗り越えようとした宮崎駿とのライバル関係
fc0373.hatenablog.com
【考察】宮崎駿が語る「千と千尋の神隠し」の真のテーマについてはこちら
fc0373.hatenablog.com