はーとぼいるどワンダフル。

映画、お笑い、マンガなどなど。たまに広告のことも。

中田敦彦が「持ち家」ではなく「賃貸」が絶対的に王道であるという理由

 中田敦彦が「持ち家」ではなく「賃貸」が絶対的に王道であるという理由をまとめてみました。

プレジデント・オンラインより

家の売り方はすべて同じ口説き文句

 中田は、家を買う人がみな同じ口説き文句にやられてしまうことを語っている。

中田:あなたの給料いくらですね?家賃いくらですね?じゃあ、それより安くなるのがこのローンでございます。片方は払い続けるとあなたのものになる。片方は払ってもあなたのものにならない。さあ、どっち?これで、みんな「ガーーーン!!」ってなって、やられちゃうんですね。うわああああ、ものにしたい!!って。(中田敦彦のyoutube大学より)

 しかし、この払い続けるとあなたのものになる。つまり「資産」になるのだという口説き文句が嘘であるとを中田は言う。

「持ち家は資産」というのは場合によるので嘘

 中田は、世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラーお金の基本書と言われるロバートキヨサキの「金持ち父さん 貧乏父さん」での資産・負債の定義を例に出し、「持ち家は資産」と断言されることがいかに嘘であるかを解説している。

中田:ロバートさん、こう言います。資産というのはプラスのキャッシュフローをもたらすものであり、負債というのはマイナスのキャッシュフローをもたらすものだ。(中田敦彦のyoutube大学より)

中田:フローというのは「流れ」、キャッシュフローとはお金の流れ。プラスのキャッシュフローとは、毎月毎月、自分の懐にチャリーンチャリーンとお金が入ってくるもの。逆にマイナスのキャッシュフローとは、毎月お金が出ていくこと。だとしたら、家のローンを払っている状態っていうのは?もちろん、負債なんですよ。借金なの。(中田敦彦のyoutube大学より)

家が資産の場合って?家を持ってて、人に貸してる。家賃収入が毎月毎月入ってきます!その家は、「資産」です。家のローンを毎月払ってます!その家は「負債」です。つまり「家は資産か?」という問いに対する正確な答えは、「それは場合による」と答えたものだけが、正解。(中田敦彦のyoutube大学より)

 中田敦彦が絶賛する「お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れるための変化の時代のサバイバルツール」として世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラー、待望の改訂版はこちら

家は「買い物」ではなく「投資」でしかない

 そもそも家は「変動するものに対して、購入しなくてはいけない」という3つのリスクがあることを中田は語っている。

価格変動リスク

新築は普通に買う時が一番高い。

中田:新築は普通に買う時が一番高いんですよね。なんでかっていうといろんな手数料とかコストがのっているからです。車だってそうですよね。新車はいいけど、中古車だったら「こんなの乗ってねえぞ」っていう車いっぱいありません??カラーリングだってそう、車種だってそう。そんないかつい車で誰が乗るんだよ!!っていうやつ、値が下がるんです。(中田敦彦のyoutube大学より)

販売価格に広告費が必ず上乗せされるのが新築

中田:モデルルームやって、凄いいいポスターやって、CM打って、その費用は一体何処から出ているのか?その費用も全部利益に上乗せされてる。だから、その不動産本来の価値よりも、その広告費が上乗せされた額で売っているわけですよ。なので、買った瞬間、その上乗せ分の価値はなくなりますよね?だから、中古で買った人より、新築で買った人は大損をしてしまうんだよ。(中田敦彦のyoutube大学より)

土地にはリスクがありすぎる

中田:中古物件の人でもわかりませんよ!?そこが何かリスクのある土地だったかもしれない。地盤的なものとか、水害的なものとかがあったかもしれない。一気に人気がなくなってしまうエリアかもしれない。そこかに大きな駅が他にできて、隣の街が都市開発されて、価格が上がったり下がったりするリスクがあるかもしれないというのがひとつ。(中田敦彦のyoutube大学より)

人口が減っている日本で土地は価値が落ち続ける。

中田:都心の一等地は値段をキープしていますが、そお一等地以外のところは基本的に空き家がバンバン増えていて、人口が減っているので価値が上がりようがないんです。(中田敦彦のyoutube大学より)

中田:家賃それだけ収めてるんやったら、これ払った後、家残りますやん?って、その10年後、20年後、30年後、残ってるのは何ですか?ガラガラの土地でボロボロの家がポツンと売ることもできずに残る。それだけでございます。(中田敦彦のyoutube大学より)

空室リスク

中田:貸す時もタイミングで老朽化してるかもしれない。いざ貸そうとする時に、なかなか借り手が見つからないという「空室リスク」。(中田敦彦のyoutube大学より)

人生の変化リスク

中田:要するにね。4人の家族でって思ってたけど、なんかのタイミングでおじいちゃん、おばあちゃんも来ることになった!どうしよう。もしくは、4人でと思ってたけども、嫁子どもに逃げられた。今は1人です。っていうリスクだとか。(中田敦彦のyoutube大学より)

品川に買ったけども、本当は目黒に住みたいのと嫁が言い出して、目黒の学校がどうしてもいいのと言い出してというリスク。(中田敦彦のyoutube大学より)

中田敦彦が絶賛する「お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れるための変化の時代のサバイバルツール」として世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラー、待望の改訂版はこちら

【お金の授業①】学校では教えてくれない「資産運用の鉄則」素人が必ずハマる罠編 - YouTube

中田敦彦が愛用する圧倒的コスパの良いアイテムまとめはこちら
fc0373.hatenablog.com
ひろゆきが語る分譲マンションを買ってはいけない7つの理由はこちら
fc0373.hatenablog.com
ホリエモンが語る持ち家・賃貸など周回遅れの議論である理由はこちら
fc0373.hatenablog.com
ひろゆきがおすすめする食いっぱぐれない資格と絶対食いっぱぐれる資格まとめ
fc0373.hatenablog.com