はーとぼいるどワンダフル。

映画、お笑い、マンガなどなど。たまに広告のことも。

伊集院光が神田伯山を避けるようになった理由。

かねてより、伊集院光のファンだったという神田伯山。どうして、二人は疎遠になってしまったのだろう。
もともと伯山の一方的なラブコールで、伊集院との対談が実現した。

対談が実現したのは、ペン・プラスでの一冊まるごと神田松之丞特集。(※当時、松之丞)
しかし、その後、JUNK伊集院 深夜の馬鹿力内で、伊集院から「今後は、無いです」と一方的に宣言されてしまう。伯山と共演すると、なんでも、一方的に質問攻めにされるので、自分に得が無いとのことを語っていたという。

伯山は大好きな伊集院がJUNKで自分の話題に触れていることをツイッターのタイムラインで見て、「やった、伊集院さんが俺の話をしてくれてる!」とうきうきで、ラジコタイムフリーで聞いたところ、例の「今後は、(共演)無いです」発言を聞きがっくり肩を落としたのだとか(笑)

それからというもの、伯山は、事あるごとに伊集院イジり、馬鹿力リスナーイジりを続け、伊集院はひたすら沈黙を貫いた。個人的には、この伊集院さんをイジり続けるのも、気になっている人のことを喋らずにはいられない人間の哀しさがあるなあと感じた(笑)
一方的な愛である。

2020年2月、伯山がゲスト出演した爆笑問題カーボーイでこんなやりとりがあった。

伯山の伊集院イジり

伯山:裏の伊集院さんに勝たないといけないですね。
太田:どういうこと?
伯山:いや(笑)裏の星野源さんよりも、伊集院さんに俺たちは勝っていかないといけないと!!敵は月曜日に有りだと。
田中:いやいやいやいや(笑)
太田:お前、ほんと伊集院イジるのやめた方がいい(笑)
伯山:いや僕は伊集院さん大好きなんですよ。
太田:わかってるけど!向こうはそうは思わないよ!
伯山:いや、そんなことないです!時々遠くで目が合う時あるんですよ。すっと横に行くんですよね。あれが答えだと思う(笑)
太田:ほら!(笑)お前、いつか損するよ。
伯山:いつか、、許してくれる日が来ると思う。太田さん本当に一緒に謝りに行ってください!(笑)
田中:なんでだよ!!(笑)
太田:余計、馬鹿にしてるみたいじゃねえかよ。

裏の伊集院さんっていう、話題の入れ方が明らかに無理があって(笑)どうしても、爆笑太田さんに伊集院さんの話を聞いてもらいたい。この放送から、何とか伊集院さんに繋がりたいという哀しさが溢れている。

三遊亭円楽:古典の世界で生きの良い奴が出てきたら、応援してやるのが、筋じゃねえか!

三遊亭円楽が「伊集院光とらじおと」へ出演した際、伊集院と伯山のエピソードが語られた。

円楽:神田伯山と話をしたら、やっぱりお前のことを嫌いじゃなかったから。
伊集院:あ!本当ですか!あんな無礼な奴が!(笑)
円楽:(笑)もともと、性格なんだよ(笑)よく話したら。あと「私は、伊集院さんが好きです」って言ってたぞ(笑)
伊集院:ハハハ(笑)あと何言ってました?
円楽:え?あとは、「勘違いですよ」って。
伊集院:ハハハ!これ裏話しますと、実は新年のときに「神田伯山どうですか?」って話をしたんです。そしたら師匠が、古典の世界で生きの良い奴が出てきたら、応援してやるのが、筋じゃねえか!っておっしゃって。「はい!」って
伊集院:で、お正月でそう言われて、なんか自分の中でも(腑に)落ちた気がして、俺の気に障ることがあろうが、ああいう元気な奴が盛り上げてくってことには、なんの異論もないし。
円楽:そうそうそう。バトン渡しゲームだからさ。
伊集院:バトン渡しゲーム?
円楽:だから良い芸を創った人が、次の人に頼むよって渡していくゲームだって言ったじゃん?前。
伊集院:はい。
円楽:前へ渡すんじゃなくて、先に走ってる人が、後ろに渡す。噺の世界と違うが、講釈の世界でああいう奴が出てきた。講釈業界はそれを喜ばないといけないしね。
伊集院:はい。
円楽:性格というものじゃなくて、芸というものから見なきゃ。

伊集院が語る伯山を避ける理由

伊集院はというと、爆笑問題 田中がコロナで休んでいた時に出演していた爆笑問題カーボーイで、伯山を避けている理由を語る。

爆笑問題カーボーイに田中の代役で出たいと思っていたのに、今まで声がかからなかったという伊集院に対して

太田:ほんとデリケートだよね!(笑)そういうとこ松之丞と似てると思うんだけど(笑)
伊集院:どういうことどういうこと(笑)?一番似てたくないとこなんだけど(笑)もっと言うと、似てたくないんだけどっていうトークも膨らませたくない(笑)
太田:なんでダメになったの?
伊集院:ダメもクソもなくて。スタートは朝の番組に出てくれて、ひたすら質問攻めなの。今回のと違ってそっち(伯山)のこと聞かせてほしいからってことで、対談することになったの。対談やったらまた質問攻めなんだよ。
太田:ファンなんだもん、伊集院の。
伊集院:最終的にこいつ(伯山)と距離を置こうかなと思ったのは、あいつ(伯山)も知らないことなんだけど、対談し終わった後に、唯一これ書かないでくれっていったのは、構成の渡辺くんが俺と付き合うのもギブアップだと(笑)
太田:それで今うちにいるよ(笑)
伊集院:それで何十年とやってきた渡辺くんと離れて、新しい人とやろうかっていう話をしてたから、渡辺くんのことだけは今話した中で切ってくれといったことをメインで話始めるから、そういうルール守れないやつと仕事をするのは無理ってこと。

太田:いえばいいのに、そんなことさ(笑)
伊集院:会わないうちに波状攻撃みたいに自分のラジオで始まっちゃうじゃん。生まれて初めてストーキングされるのってキツイんだって(笑)

この爆笑問題カーボーイの放送後、伯山が問わず語りでキレてるのを聞いて、あ~これはもう一生、共演ないなと思ったのでした。

fc0373.hatenablog.com
fc0373.hatenablog.com
fc0373.hatenablog.com
fc0373.hatenablog.com
fc0373.hatenablog.com
fc0373.hatenablog.com